2012.10.9P1020287

Bookmark and Share
 相關新聞,由世界那麼大報馬仔發表  瀏覽:9,914 人次

199 thoughts on “P1020287”

  1. で、つまらねえことに腹を立ててすまなかった』と、仲なおりにお酒を飲みはじめた」「うん」「で、半さんが、『与太公、てめえは寝ろ』っていうから、『おれは眠くないから寝ない』って、そういった」「うん、えれえな」「そしたら、お師

  2. てしまった。せんべいをやり終えても、おれはその場に立ち続けた。鹿も黙っておれの前に立っている。森は静かである。鳥のさえずりが木々を抜けていく。鹿が話しだす気配はない。鹿は首を下げておれの様子をうかがっている。これから話し

  3. 」「私はもう王府の役人ではありません。王宮に愛着がないといえば嘘になります。でも子を育て明日の食べ物を考える生活は人の自然の営みだと知りました。私は今まで民を導きたい一心で働いてきましたが、それは傲慢《ごうまん》な考えだ

留言已關閉